忍者ブログ
がり勉野郎 ガリクソン
がり勉野郎 ガリクソンのためになる日記。
08

1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 新政権で全校参加から抽出方式に変更された「全国学力・学習状況調査」(全国学力テスト=学テ)について、文部科学省は検討会議を設置して抜本的に見直すことを決めた。

 3年続いた全校参加方式を取りやめたものの、4月の学テでは希望参加校が殺到。「抽出方式への変更は拙速だった」との批判が改めて強まったためで、対象学年や教科増のほか、全校参加方式の復活も検討対象とする。

 同省は近く、全国の教育委員会から意見を聞く調査を実施。大学や経済界の意見も聞き、5月にも専門家検討会議を発足させて、来年度からの見直しを視野に新学テ構想の具体化を進める。8月までに一定の結論を得たい考えだ。

 4月20日実施の学テでは、小中全体の3割にあたる抽出校に加え4割超の学校が参加を希望、全体で7割を超えた。しかし希望参加の場合、採点・集計の人員や費用は原則学校負担とされたため、県などが費用負担し全校で参加した自治体がある一方で参加を見送るケースも目立った。各教委などからは「国費で実施するのに自治体の財政力により受けられない児童生徒が出るのは不公平」「学校ごとのデータ把握が不可能になった」などの不満が出ていた。

【読売新聞】

学力テストが受けられるかどうか、自治体によるのはどうかと思いますが
受けたくない児童生徒は、個人的に受けなくてもいいってことには
ならないのですよね~?
PR
東京大学(とうきょうだいがく、英語: The University of Tokyo)は、東京都文京区本郷七丁目3番1号に本部を置く日本の国立大学である。1877年に設置された。大学の略称は東大(とうだい)。


東京大学は日本の国立大学である。東京大学は昌平坂学問所や天文方、さらに種痘所からの流れを汲み、欧米諸国の諸制度に倣い、日本で初めての近代的な大学として設立された。後に、政府直轄の大学となり「帝国大学」と改称した。その後、各地に帝国大学や官立大学が設置されていき、同大学も「東京帝国大学」と改称した。第二次世界大戦後、「国立東京大学」となった。国立大学法人化でも、旧7帝国大学全てにおいて統合はない。付置研究機関もしくは附属研究所が、大学共同利用機関化されると同時に、新たな研究科などが新設され、現在の陣容になる。



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

東大というと、頭がすごくいいというイメージですね。
一度目の受験で合格する確立ってどのくらいなのでしょうか?
なんか気になりました。

いわゆる勉強ってヤツはできないよりできたほうがいい。
知識を身につけることもすばらしいが、
人生の選択肢が広がるからだ。

ライブドアクレジット
スラヴ語派(スラヴごは、ロシア語: Славянские языки, ポーランド語: Języki słowiańskie)は、スラヴ系諸民族が話す言語の総称。インド・ヨーロッパ語族中の1語派をなす。印欧語族内ではバルト語派に最も近い。

かつてはスラヴ族にとっての単一言語である「スラヴ祖語」が存在したと想定されるが、スラヴ人の民族大移動の頃(5~6世紀)から方言的分化が進み、次第に各語群が独自の特徴を明確にし始め、12世紀には単一言語としての統一は完全に失われた。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
翻訳
薬剤師(やくざいし、英Pharmacist、Chemist)とは、主に薬剤の取り扱い、薬事業務を司る専門職であり、化学者でもある。一般に薬剤師として「英Pharmacist」という名称は米国等で用いられ、英国、オーストラリア、ニュージーランドでは伝統的に薬剤師は「英Chemist」と称される。医師・歯科医師とともに、医療3師(医療系3大専門職)の1つ。以下、主に日本の薬剤師について述べることとする。 
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 
翻訳 薬学
木村藤子
ブログ内検索
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最古記事
(05/08)
(05/10)
(05/11)
(05/14)
(05/15)
プロフィール
HN:
ガリクソン
性別:
非公開
バーコード
フリーエリア

1  2 
次のページ
忍者ブログ [PR]