忍者ブログ
がり勉野郎 ガリクソン
がり勉野郎 ガリクソンのためになる日記。
12

1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 3031
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


6月27日14時8分配信 ロイター


 [ワシントン 26日 ロイター] 米証券業金融市場協会(SIFMA)は26日、年央の経済見通しを発表し、今年と来年の米経済について、住宅市場をめぐる問題が徐々に収束していく中で緩やかに成長するとの見通しを示した。2007年の国内総生産(GDP)伸び率は2.2%、08年は2.8%を予想している。
 エネルギー価格の上昇や長期金利の急上昇が消費を圧迫し、緩やかな成長ペースが続く公算が大きい。
 野村証券インターナショナルの主任エコノミスト、デービッド・レスラー氏は最近の長期金利の上昇について「住宅市場の調整を長引かせる可能性が高い」と指摘した上で、「長期金利の急上昇は米経済が低迷期を抜け出す時期を遅らせる可能性もある」と付け加えた。
 SIFMAはまた、米10年債利回りについて、第3・四半期には5.20%と、現行水準からわずかな上昇にとどまり、年末に5.25%となった後、来年前半は横ばいで推移するとの見通しを示した。
 住宅市場の回復については、住宅購入者が慎重になるのに加え、需給の不均衡が続くため、08年まで遅れると予想している。



三井住友カード

PR

6月25日6時0分配信 時事通信


 他人のたばこの煙に長年さらされると、認知症のリスクが高まることが、米カリフォルニア大バークレー校のタデウス・ヘイト氏らの調査研究で分かった。受動喫煙と認知症に関する調査は初めてとみられ、先月開かれた米国神経学会で発表された。
 この研究は、認知症でない65歳以上の男女約3600人を対象に、喫煙や心血管疾患の有無などを調査。心血管疾患のない非喫煙者985人(うち受動喫煙者495人)を6年間追跡し、認知症の発症率を調べた。
 この結果、30年以上受動喫煙しているグループは、受動喫煙していないグループと比べ、認知症発症のリスクが約3割高かった。
 脳に血液を供給する頸(けい)動脈に異常がある場合、この傾向がより顕著であることも分かった。30年以上受動喫煙していて頸動脈の異常がある人は、受動喫煙も異常もない人の2.4倍のリスクだった。 



気管支喘息
失明(しつめい)は、それまで視力のあった人が、病気またはけがによって視力を失うこと。中途失明の意味に用いられるのが普通で、生まれつき盲目である先天盲には使わない。視力障害のうち、もっとも重度の状態(視力の喪失=明暗の弁別も出来ない状態、あるいはようやく明暗を区別できる程度の状態)を指す。具体的には全く明暗を区別できない状態(全盲)、明暗のみを区別できる状態(光覚弁)、眼前の手の動きのみを認識できる状態(手動弁)がこの失明に含まれる。その他に目の前の指の本数を数えられる状態(指数弁)があるが、逆に言えばこの指数弁が失われた時点で分類上は失明ということである。(厚生労働省「眼の障害に関する障害等級認定基準」による)

失明に対するリハビリテーションとは、視力の再獲得を目指すのではなく(但し、手術等で、視力を再獲得した例は幾つか在るが、この点に付いては後述)、失明した状態で自立して生活するための技能を獲得する事を目的として行われ、そのリハビリテーション訓練は、一般に、医療施設ではなく、専門の施設において行われることが多い。日本における失明の原因の1位は糖尿病性網膜症であり、欧米においては加齢黄斑変性。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
毛様体


6月23日10時52分配信 毎日新聞


 【ワシントン木村旬】22日のニューヨーク株式市場は、米住宅ローンの焦げ付き問題への懸念が広がり、ダウ工業株30種平均は前日終値比185.58ドル安の1万3360.26ドルと急落して取引を終えた。下げ幅は今年4番目の大きさ。ダウは20日も米長期金利の上昇を嫌気して146ドル安と大幅下落しており、不安定な展開が続いている。ハイテク銘柄主体のナスダック総合指数の終値も28.00ポイント安の2588.96だった。
 22日は米証券大手ベア・スターンズが、低所得者向けの高利回り住宅ローン(サブプライムローン)の焦げ付きで経営難に陥った傘下のヘッジファンドへの融資を発表。市場では、住宅ローンの焦げ付き問題の広がりを警戒する売りが膨らみ、金融株を中心にほぼ全面安の展開となった。


カードローン

薬理学(やくりがく、英Pharmacology)とは、主に薬の生体に対する作用効果を中心に研究する医学、薬学の一分野である。

この分野は、薬物組成、作用機序、薬物の特性、相互作用、毒性、治療への有用性などを研究する。解剖学、生理学、生化学、病態生理学などの基礎医学の知識が要求される。

薬物の分類には、ATC分類(解剖治療化学分類法:Anatomical Therapeutic Chemical Classification System)を含めて様々な分類法がある。


薬学翻訳

http://moranbon15.lime-ge.net

ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最古記事
(05/08)
(05/10)
(05/11)
(05/14)
(05/15)
プロフィール
HN:
ガリクソン
性別:
非公開
バーコード
フリーエリア

1  2  3  4  5  6  7 
前のページ 次のページ
忍者ブログ [PR]